xin9le.net

Microsoft の製品/技術が大好きな Microsoft MVP な管理人の技術ブログです。

Microsoft 365 (旧 Office 365) のアプリを個別インストールする

f:id:xin9le:20200831010352p:plain

昔 Office のセットアップをしようとしたらアプリごとにインストールするかどうかを選択できました。しかし Microsoft 365 (= Office 365 からリブランドされた) のセットアップを叩いても、インストールしたいアプリを選択できません。

つまりどうなるかと言うと、こんなにたくさんのアプリが一気にドカッとインストールされます。問答無用。

  • Excel
  • Word
  • PowerPoint
  • Outlook
  • Access
  • Groove
  • Lync (= Skype for Business)
  • OneDrive
  • OneNote
  • Publisher

正直全くいらん。使うのは Excel / Word / PowerPoint だけです。少なくとも僕は。ということで、個別にアプリを選択してインストールしたい需要が非常に高いです。

Office 展開ツールを取得

なんとかして消しましょう。消すには Office Deployment Tool というものが必要です。ODT って言う略記が存在するほど高頻度で使われるものとは思えないけど、業界では ODT って言うらしいです。とにかくダウンロードして自己解凍 exe を実行し、setup.exe を取り出しましょう。

f:id:xin9le:20200831004755p:plain

構成オプションファイルを作成

次に、除外するアプリを選択するために構成ファイルを準備します。僕の場合は Excel / Word / PowerPoint 以外不要なので以下のような感じで、除外リストを記述します。

<Configuration>
    <Add OfficeClientEdition="64">
        <Product ID="O365ProPlusRetail" Channel="Current">
            <Language ID="ja-jp"/>
            <ExcludeApp ID="Access"/>
            <ExcludeApp ID="Groove"/>
            <ExcludeApp ID="Lync"/>
            <ExcludeApp ID="OneDrive"/>
            <ExcludeApp ID="OneNote"/>
            <ExcludeApp ID="Outlook"/>
            <ExcludeApp ID="Publisher"/>
        </Product>
    </Add>
</Configuration>

構成オプションはアレコレ記述できるので、公式ドキュメントを参考するとよいかと思います。

セットアップを実行

上で準備した構成オプションファイルを Office Deployment Tool に食わせて実行しましょう。コマンドは以下のような感じで引数を与えて実行するだけです。

.\setup.exe /configure MyConfig.xml

これで不要なアプリたちとはオサラバ!平和になれましたね!