xin9le.net

Microsoft の製品/技術が大好きな Microsoft MVP な管理人の技術ブログです。

C#

FastEnum の初期化コストと利用指針

先日、FastEnum に関して非常に良い質問を受けました。短期間だけ起動してすぐにアプリ/インスタンスが死んでいくバッチ処理などにおいては、逆に初期化コストが大きくなってしまうのでないか?というものです。 はい、初回アクセス時に一度のみ初期化される…

DeclarativeSql rebooted - Now supports .NET Standard 2.0

数年間開発を放置した DeclarativeSql を更新して .NET Standard 2.0 に対応させました!過去バージョンとの互換は結構崩れてしまっている点は大変申し訳ないのですが、今の自分が欲しいなぁという機能をシンプルに詰め込むために致し方なし。 実は .NET Cor…

FastEnum - 更なる高速化を果たした v1.1.0 リリース

先の記事で FastEnum という超高速な Enum Utility ライブラリを作ってリリースしてから 3 日。v1.1.0 をリリースしました。パフォーマンスはさらに磨きがかかっていて、他の追随を許さないレベルに昇華されました。最早グラフにしても棒が表示されてない...…

FastEnum - 世界最速の enum ライブラリ

というのを、この数日をかけて勢いで作りました。ずーーっと昔から「enum は遅い」と言われ続けていたので何か手を入れたいと思っていたのですが、突然やる気になりました。久々にプライベートのコーディング意欲が爆上げしたー。勢いが強過ぎて毎日寝不足の…

C# でインストールされている Windows Store App の一覧を取得する

とある先輩に「Windows Store のアプリ一覧を取得したいんだけど、やり方知らない?」と聞かれたのでやってみました。今回は、その方法と簡単な実装のメモの回。 最初から答えを授かりました 2 分ほど iPhone で調べて PowerShell コマンドで最低限できそう…

LINQPad.Controls でお手軽 GUI 操作

今頃気が付いたのですが、超カジュアル IDE の LINQPad に LINQPad.Controls なる GUI 部品の名前空間が追加されていたので遊んでみました。以下のようなインタラクティブなことがお手軽にできるようになります。 使い方 使い方はかなり簡単で、C# で WinFor…

Minecraft に C# からコマンド叩き込んで操作してみた

最近日本マイクロソフトさんが #くらでべ という YouTube チャンネルをやっていて、その中で Minecraft の自動化を取り上げていました。誕生日もクリスマスも Minecraft の LEGO やグッズをせがむくらい Minecraft が大好き過ぎる娘がいるのですが、ここは自…

超絶大盛況!de:code 2019 で「ドキドキ・ライブコーディング対決」をやってきました

去る 2019/5/29 (水) - 2019/5/30 (木) に日本マイクロソフトが主催する年次開発者イベント de:code 2019 が開催されました。大変ありがたいことに @chack411 さんこと井上章さんから登壇の依頼を受け、北陸のコミュニティではもはや毎年恒例になっている「…

Bug Fixed : n 秒間押し続けたらイベント発火するボタンを作る

前回 (というか昨夜)「3 秒押し続けたらイベント発火するボタン」を作ってみたのですが、朝起きてみたら早速以下のようなバグが発見されていました...(oh いつも参考にさせて頂いています!こういうケースZipだと、DownしたけどUpしなかった(Atl+Tabで別ウィ…

3 秒間押し続けたらイベント発火するボタンを作る

Twitter で @amay077 さんが以下のような内容を呟いていたのを見て、頭の体操と思って Rx を使って解決してみました。 3秒間押し続けてないと onClick 発火しないボタン的なの作りたいけど何が手っ取り早いかなー?エフェクト考えなくてもまあまあめんどいな…

CloudStructures now supports .NET Standard!!

Grani 時代から Redis 操作ライブラリとして長く愛用してきた CloudStructures ですが、残念ながらこれまで .NET Core に対応していませんでした。ただ、こればっかりはさすがの @neuecc 先生もあれもこれもメンテするのは難しいので仕方ない!.NET Core 対…

値の破棄

C#

1 年ほど前 C# 7.0 の新規のについていろいろ書いていたのですが、値の破棄 (discards) という機能について書いてなかったことに気が付きました!ということで、イマサラですが紹介します。 これまでの「値を使わない」ときの書き方 コンパイルを通すために…

BuriKaigi 2017 in Toyama でライブコーディングしてきた

数えれば今回で早 5 回目。毎年恒例、北陸の恒例イベント (?) と言っても過言ではない C# 大好き MVP による、C# ドキドキ・ライブコーディング対決 !! をやってきました。これまでは @Fujiwo / @AILight / @xin9le の 3 人でしたが、今回は @RyotaMurohosh…

C# 7 をライブコーディングで解説してきました vol.3

10/22 (土)、日本マイクロソフト品川本社でCLR/H in Tokyo 第 11 回が開催され、そこに参加/登壇してきました。ハッシュタグは #clrhtky11。 ハロウィンデーということで謎のハロウィン仮装という辱めを受けながら頑張りました!...「無難じゃね?」という声…

C# 7 のサンプルコードを GitHub に公開しました

C#

これまで C# 7 の新機能を検証するときは何度もサンプルコードを作って / 消してを繰り返していたのですが...、ぎたぱそ先生 (@guitarrapc_tech) に「作ってくれたら僕が喜ぶ!」と言われたのもあって、約束を守るために一念発起してまとました! @guitarrap…

ラムダ形式メンバーの拡張

C#

2016/09/24 (土) の朝、Expression-Bodied Everything (= どこでもラムダっぽく) に関する Pull-Request が Roslyn の master ブランチにマージされました! C# 6 ではプロパティとメソッドの 2 箇所についてラムダ形式のメンバーを記述することができました…

throw 式

C#

2016/09/21 (水) の朝方、throw 式に関する Pull-Request が master にマージされました!これにより、これまでステートメント (文) としてのみ提供されていた throw を式として記述できるようになります。 throw 式が使えるところ パッと確認した範囲では、…

Roslyn の開発進捗が更新されました - 2016/09/21

2016/09/21 (水) の朝方、とある Pull-Request のマージにより Roslyn の開発状況/進捗 (Language Feature Status) が更新されました。でも実際に変更を加えたのは 2016/08/30 (火) っぽいので、約 1 か月前から決まっていた内容です。 Language Feature Sta…

Roslyn の開発進捗が更新されました - 2016/08/04

2016/08/04 (木) の朝方、Gafter 先生の Pull-Request が master にマージされ、それにより Roslyn の開発状況/進捗 (Language Feature Status) が更新されました。 以下はその引用です。 C# 7 / Visual Basic 15 に搭載予定 Feature Branch State Address o…

任意の型を戻り値に持つ非同期メソッド

C#

これまでの非同期メソッドは void / Task / Task<T> のいずれかを戻り値にしなければならないという制約がありました。 非同期メソッドが C# 5 で導入されてから早 4 年。もはやこれを「制約」と感じることはほとんどないくらい馴染んでしまっていますが、C# 7 </t>…

C# 7 をライブコーディングで解説してきました vol.2

7/16 (土)、福井大学でソフトウェア技術者サミット in 福井 2016が開催され、そこに参加/登壇してきました。ハッシュタグは #sesfukui (Software Engineer Summit in Fukui)。 開催の運びとなったのは VSUG DAY - THE FINAL - の懇親会で僕の師匠である小島…

型分解 - タプルから変数への展開

C#

7/12 (火) の早朝、長らく検討/開発されてきた待望の Deconstructions (= 型分解) が Roslyn の master ブランチにマージされました!(型分解というのは僕のテキトーな訳で、正式名称は未定) タプル構文が複数の値をひとつにまとめる機能だったのに対し、Dec…

変数宣言式

C#

約一か月前に C# 7 の新機能についてライブコーディングをしたと思ったら、もうその情報だけでは足りていなくて焦っている今日この頃。 あれから Roslyn のリポジトリ には大きな変化がありました。 future ブランチが master ブランチにマージされた! いく…

LINQ 大好き C#er がアイドルグループ LinQ のセットリスト考えてみた

C#er といえば LINQ が大好き!もちろん LinQ も大好き!? 昔は Twitter で LINQ と呟けば LinQ のメンバーさんにフォローされたり Fav されたりしたものでした。その頃から「せっかく LinQ なんて超素敵な名前だったら LINQ を題材にしたアルバムでも作れ…

C# 7 をライブコーディングで解説してきました

ここまで数回に渡って C# 7 の新機能について解説してきました。記事は以下にまとめてありますので是非ご覧ください。 と、そんなこんなまとめていたのを「C# ユーザー会 //build/ 2016 振り返り勉強会」で解説してきました。当日の朝にクローンしてきたばっ…

型スイッチ

C#

F# などの関数型言語をやっている方にはおなじみのパターンマッチング。「10 年おせーよ!」と言われそうですが、C# 7 にもそんな待ちに待った (?) 機能が搭載されそうです。主に既存の is キーワードと switch キーワードを拡張した、型に対するマッチング…

タプル構文 - 多値戻り値のサポート

C#

C# 7 では言語機能としてタプル (複数の値をまとめる) 構文 がサポートされそうです。これまでも複数の値を簡易的にパッケージングする機能として System.Tuple<T1, T2, ...> が提供されていましたが、より可読性が高く、パフォーマンスが良くなる形になる見込みです。例</t1,>…

最新の C# コンパイラ を利用してビルド/デバッグしてみた

そんな方法はひとつしかない、リポジトリをクローンしてビルドすることだ ということでやってみましょう!ちなみにこの記事は 5/9 現在の情報を基に書いています。近い将来に変更になる可能性は多分にありますので、その点ご了承ください m( )m Step.1 - Ros…

ローカル関数の使いどころ - LINQ 拡張 -

C# 7 で搭載予定のローカル関数。その詳細は以下を参照いただくとして、どういうケースで使えそうかと考えていたら「あ、そうか LINQ だ!」と思ったので紹介します。 yield (遅延評価) の罠 と書くだけで察しの良い方はお気付きかと思いますが、yield を含…

ref 戻り値 / ref ローカル変数

C#

今回は ref 戻り値 (Ref Returns) と ref ローカル変数 (Ref Locals) について見ていきます。それぞれの機能は端的に言うと以下のようなものです。 名称 機能 Ref Returns メソッドの戻り値を参照として返す Ref Locals 値を参照として受ける C++ に嗜みがあ…